,

SR47

¥385,000 (税込)

1 item sold

カテゴリー: , タグ:

※こちらは、予約販売商品です。

SR47
SR-47は、US SOCOMの要請を受けてナイツ社が開発した、AR15ベースのアサルトライフルです。最大の特徴は、使用弾薬は旧ソ連で開発された7.62mm×39弾であり、AK47の弾倉をそのまま装着できるというコンセプトです。
SR-47が開発された経緯は、2001年に開始された『不朽の自由作戦』での戦訓に基づき、アフガニスタンに展開した米軍特殊部隊は、アル・カイダを追って基地から遠く離れた山岳地帯に分け入ることになり、補補給もままならない敵地で、武器弾薬はしばしば現地調達で賄われ、それらは大半がAK47とその弾薬であったことからと言われています。SOCOMは、M16/M4のプラットフォームで7.62mm×39弾が使用できる新型ライフルの構想を抱くものの、後にAK47のマガジンをそのまま装着可能という条件に変更され、ナイツ社では、SR-16に代表されるSRシリーズをベースとしつつ、AK用の弾薬とマガジンに対応するため、多くの部品が新規設計されました。
しかしながら、SR-47はわずか7挺のみが製造され、6挺はSOCOMがトライアル用に購入し、残る1挺はナイツ社の博物館に保管されていると言われており、正に幻の銃となりました。

[商品仕様]
■全長 830mm
■銃身長 310mm
■重量 3,100g
■素材
アルミダイキャスト・真鍮、ABS樹脂
■仕様
ディスプレイモデル

 

【空想ストーリー】※このストーリーはフィクションです。
「空想無可動実銃シリーズ」第一弾は、世界に7丁しか存在しないと言われる「SR‐47」です。
この無可動銃は、アメリカの民間軍事会社「キャロットミリタリーサービス(略称CMS)」の特殊部隊員「Cat Shit One」のパッキー氏が某中東で使用した「SR‐47」です。同氏が極秘作戦終了後に、アメリカ中西部の某ディーラーへと払い下げられ、その後、当社がオークションで落札し、無可動実銃としての加工が施されて、はるばる日本へと運ばれてきました。是非、手に取り、「CAT SHIT ONE -THE ANIMATED SERIES-」の世界をお楽しみください。

⚠注意⚠
①このディスプレイモデルは、数社から発売されているエアガンソフトガン用パーツをベースに再加工して、AK47の実銃用マガジンが装着できるようにカスタムしたモデルです。
②写真の「Comp M2TYPEドットサイト(ローマウントベース付き)」「タンゴダウンフォアグリップ」「タクティカルフラッシュライト(マウント付き)」は、付属致しません。お客様ご自身での調達をお願いいたします。
③このディスプレイモデルは、東京ショールーム限定販売商品です。
④この商品はディスプレイモデル(装飾品)のため、外観のみの製品で内部機構はございません。ダミーカートリッジの排莢は出来ませんので、ご注意ください。

【予約販売商品に関して】

予約販売に関しては、注文後、2週間以内に、正式な出荷日を当社よりメールにてお知らせ致します。
また、場合によっては、出荷日まで2ヶ月程、お時間を頂戴することもございます。予めご了承下さいませ。

重さ 3100 g
サイズ 830 × 310 mm