Mouser C96 Red9

Mauser C96 Red9

モーゼルC96は、1896年にマウザー社から販売された大型の自動拳銃である。
第二次大戦中、重火器である同社のMG151機関砲が、日本では「マウザー砲」の名で知られ、小銃など小火器の分野では「モーゼル」の呼び方で定着した。
またグリップの形状から「ブルームハンドル(箒の柄)」とも呼ばれた。
作動方式はプロップアップ式ショートリコイル。
標準で付属する脱着式ストックや、クリップ装填式の固定弾倉など、構造的には小銃に近いものとなっている。
当時としては非常に優れた性能の拳銃で、登場から第一次世界大戦後までトルコ・イタリア・ペルシャ(現イラン)・オーストリア・ドイツ・フランスなどで制式採用された。
当時ドイツ陸軍で使用されたのは、9mmパラベラム弾仕様のM1916と呼ばれるモデルで、補給上の都合から、ワルサーP38、ルガーP08と弾を共有させたとされる。
弾薬の混用を防ぐために銃把の部分に赤色で「9」と刻印され、「Red 9」と呼ばれるようになった。

A!CTION第2弾

仕様

■仕様  ダミーカートモデル
■口径         9mm
■銃身長    140mm
■全長  308mm

■重量        845g(カートリッジ含まず)
■弾数        10発
■素材      高比重樹脂
■販売価格     未定

いよいよ2022年 10月下旬 発売!