Liberty Chief .38 special

LIBERTY CHIEF .38special

かつて、世界を目指して海を渡った、「Made in Japan」のリボルバーがあった。緻密なマーケティングと日本の職人魂が生み出したその名も「LIBERTY CHIEF」。
1962年から1968年に掛けて、全米で販売された、38SPL弾を用いる総弾数が6発のリボルバーである。何度かの改良も試みられたようで、数種類の派生が存在する。
そんな中、今回は「Mark Ⅵ」と言われる、最も全米に行き渡った、生産ロットのモデル化を行った。
よく「S&W M36」と「Colt Detective Special」の合の子と言われるが正にその通りで、「S&W M36」の操作性、構造、「Colt Detective Special」のメンテナンス性、剛性の良いところを日本人の器用さで、一つのボディーに詰め込んだ、さすが「Made in Japan」の逸品と言えるリボルバーであった。今となっては、謎多き「ミステリアス スナップノーズ」。
是非、その手に取り、往年の夢と希望に溢れたモノづくりに触れて頂きたい。

仕様

  • 仕様         発火式モデルガン
  • 口径         38spl
  • 全長         164mm
  • 全高         113mm
  • 全幅         36.5mm
  • 重量         500g
  • シリンダー長 37mm
  • 装弾数       6 発
  • 素材         ヘビーウェイト 樹脂
  • 販売価格     50,000 円(予価)

対応パーツ